アカロアでイルカと泳ぐ!

nz_42
イルカと泳ぎたい!という夢をかなえるためアカロアへ。クライストチャーチから車で約90分の距離。
私たちは、日帰りのツアーに申し込んで朝早く出発。途中、トイレ休憩に立ち寄った場所から、アカロア湾が一望できます。

nz_51
入り組んだ入り江と静かで美しい町並みが印象的。

nz_44
さて、目的地につくとすぐにドルフィンスイムのショップへ。

nz_45
ウェットスーツを着たらすぐに船に乗り込み出発!
イルカに会えるかワクワクします。

nz_47
ここアカロアでは、世界一小さいイルカ「ヘクターズ・ドルフィン」をみることが出来ます。

nz_48
20分くらいすると、スタッフの人が指差して”あそこにいるよ”と教えてくれました。みんな大興奮。あっちにも、こっちにもイルカの姿が次々に!!やっとポイントに到着すると、船をとめて全員海の中へ。

nz_49
イルカの近くで一緒に泳ぐぞ!スタッフが船の上から、みんなに”あそこ!”と叫ぶと、みんなその方向目指してまっしぐら。でも着いた頃にはもうイルカは、別の場所へ…。なかなか近づくことが出来ません。あそこ!あそこ!の声がかかるたびに全員で、あっちに泳ぎ、こっちに泳ぎ、もうヘトヘト。

nz_48
途中でめげてポカポカ浮いているとすぐ近くにイルカを発見!!もぐってみるとイルカがすぐそこに!!

nz_54
ドルフィンスイムを満喫した後は、アカロアの街を散策。

nz_60
アカロアは、その昔フランス系移民によって開拓されたニュージー唯一の街で、その当時の面影が今でもところどころに残ってます。
ガーデニングが素敵な家をいくつもみることが出来ました。

nz_62
色鮮やかな花々で囲まれた家はすごく素敵です。自然をこよなく愛す、家主さんの人柄もうかがえます。

nz_61
おとなしい犬。

nz_63
使い古された、木の郵便ポスト。

nz_55
街を探索しているとアイスクリーム屋さんを発見。ニュージーランドのアイスクリームはとっても美味しいと聞いていたので、食べてみることに。小学生くらいの男の子が、ちょっと照れた感じで注文をとると、アイスクリームが並んだケースに頭からつっこんで一生懸命アイスをすくっています。その姿がなんともかわいらしく、隠し撮りでパチリと1枚。

nz_70
私は、友だちイチオシのホーキーポーキーを注文。日本では聞いたことのない味だけど、ニュージーでは大人気なんだとか。バニラアイスの中にキャラメルのつぶが入っていて、なんともいえない美味しさ!その後、私はホーキーポーキーの虜になってしまいました。

nz_56
お腹もすいたことだし、ひとまずランチタイム。アカロアには、おしゃれなカフェがたくさんあります。
テラスで食べれるカフェに入って、ポテト、ガーリックトースト、クラムチャウダーを注文。

nz_57
あまりの量の多さにびっくり!食べても食べてもなかなか減らすに、たくさん残してしまいました。ごめんなさい。でも味はすごく美味しかったです。

nz_58
隣の席から、なにやら視線を感じる!振り向くと小さな男の子が興味津々にこちらを見ています。あまりにかわいくて、カメラを向けると愛想よくにっこり笑ってくれました。お母さんたちは、話に夢中で退屈してたのかな。

nz_59
私たちのところに近づいてきてイスに隠れて顔をのぞかせたり、ポテトをくれたり愛嬌たっぷり。無邪気でかわいいな。

nz_52
ビーチからのアカロア。

nz_65
Fire Danger Ratingという火災の計測パネル。オーストラリアでは自然火災が頻繁に起こるので、避難の指針にするのだとか。

nz_53
帰りの時間になって、迎えのバスがくる場所に行ってみると、なにやら問題が。どうやら、オーバーブッキングをしたみたいで、全員がバスに乗れない様子。運転手さんが、私たちの方にやってきて、”もう少しアカロアにいたくない?”と。あと2時間後に別の便を手配して迎えにくるから、この便をあきらめてくれと言うのだ。もう少し堪能したいなと思っていた私たちは、喜んでその申し出を受けることに。すると、お茶代と言って20ドルもくれました。ラッキー。

nz_65
その20ドルでとりあえず、お茶をして街をさらに探索することができました。しかも帰りのバスは、私たち二人だけ。貸切状態です。しばらくして、運転手さんが”羊はもうみたか?近くでみたくないか?”と聞いてきます。もちろんみたい!と言うと、運転手のおじさんは帰り道の途中に、自分の家があって羊を飼っているからみせてくれるというのです。見てください!かわいいでしょう?!羊の親子がすぐ近くに寄ってきました。寄り添うようにたたずむ姿がたまりません。

nz_66
今日は、大晦日。クライストチャーチ大聖堂前の広場でカウントダウンのイベントがあるというので、友だちと行ってみました。

nz_68
ステージが出来ていて、そこはライブで大勢の人が大盛り上がり。なかなかノリがようさそうなので聞いていると、OASISやブラーの曲も途中が。そして、さらにはU2の大好きな曲も。こんなところで聞けるなんてすごく感動。

nz_67
 いよいよカウントダウンが始まって、1月1日になった瞬間、目の前のビルから花火が上がりました。HAPPY NEW YEARという声があちこちから聞こえ、互いにハグしあう光景がちらほら。

nz_69
私たちは、場所を移動。お酒を頼んで乾杯することに。おつりを渡されてみると、お釣りが足りない!危うくごまかされるとこだったよ。
途中、たまたまバッパーで同じ部屋の子に会うと、ハグして挨拶のキスをしてくれました。外国式の挨拶だ~。ちょっと照れくさいけど、なんだか素敵。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>