ニース&エズ

2009_37
今回のプチ旅はニースへ。初のエールフランスにちょっぴりテンションあがります。
チケットは、事前にネットで購入。あまりの安さにちょっとびっくり。日本国内もこれくらい安いといいのに。

2009_38
ちょっと早めに空港に着いたので、PAULのお気に入りのパンで朝食を。

2009_39
今日は、朝5時起き。あまりの早起きで、すでにヘロヘロ。飛行機に乗った途端、爆睡。
しばらく眠って、目が覚めるとパンと飲み物のサービスが。チョコチップ入りのクロワッサンがおいしくて感動。
飲み物の種類の中に、ホットチョコレート?!なんともフランスらしいですね。

2009_40
空港から、バスでニース駅前に到着。まずは、宿へ。ところが、宿の地図を忘れてきてしまいまいした…。
住所と電話番号の控えはあったので、住所の通りを探してみることに。さ迷って、それらしき通りを発見。
その宿が入っているビルは1階がアクサ生命というのは覚えていたので、アクサ生命を探すけど、どこにもない!
かれこれ1時間近くさ迷って、結局みつけられず。

2009_42
とりあえず、電話をしてみることに。去年買った、テレカがまだあったので、それを使ってかかるけど、電話がうんともすんとも言わない。
掛け方間違ってる?何度やっても、結局だめ。
仕方なく、すぐ近くにいた夫婦らしき2人組に声をかけて、女性の方の携帯から電話してもらい無事つながりました。
すると、女性の方が、宿まで連れて行ってくれるというではありませんか!お言葉に甘えて、案内してもらうことに。
なんとか無事に宿へ。B&Bの「Nice Home Sweet Home」。

2009_44
お部屋は、シンプルだけど、きれいで快適。

2009_43
窓からの眺め。
オーナーに部屋を案内してもらって、チェックインの手続きを。その間に、アイスクリームと紅茶をごちそうに。
先ほど案内してくれた女性も一緒に。ところで、彼女の名前はマリア。年齢は、60歳。
彼女はニースに住んでいる、ブラジル人で、英語がペラペラです。彼女とは、いろんな話をしました。それはまた追々。
マリアにこれからどこに行くか聞かれて、エズに行く予定と告げると、彼女が案内してくれると。
ちょっと迷ったけど、せっかくだからお願いすることに。

2009_41
バスターミナルに行く前に、マリアの息子の友達のトムの家に立ち寄ることに。
エズは少し肌寒いから上着を借りに行くそうだ。 トントンとドアをノックして、出てきたのはなかなかイケメン顔のトム。
マリアとトムはビズを。するとマリアが私にもトムとのビズをすすめる。フランスでは当たり前の挨拶でも、やっぱり恥ずかしー。
トムの部屋はいかにもフランス人って感じですごくおしゃれ~。憧れるな、こんな部屋。写真撮らせてもらえばよかった…。

2009_45
ニースのバスターミナルから、各方面に行けるバスが出ています。なんと、どこへ行っても1ユーロ。
バスを待っている時に、日本人女性に出会い、彼女もひとり旅だったので、マリアが誘って3人で行くことに。

2009_47
バスはどんどん山の上に。

2009_49
マリアの案内で、ベストスポットへ。彼女は以前、エズにあるホテルで働いていたのだとか。
今日はあいにくの天気で、曇り空。途中、雨も降り出し、残念。 石畳の小さなかわいい町並み。

2009_48
きれいなバラ。

2009_50
エズから戻って、ニース旧市街へ。

2009_52
左は、ニースの名物「ソッカ」。ひよこ豆の粉で作った、パンケーキのようなもの。ほんのり塩味です。
マリアおすすめのお店で、マリアが一人一皿注文。これが意外と大きくて、段々あきてきます…。
私と、安希子さんは半分くらいでギブアップ。ごめんなさい。

2009_53
マリアおすすめのジェラートのお店。
いろんな種類のジェラートが本当においしそう。他の2人は、お腹いっぱいというので、私だけ食べることに。
う~おいしい!お腹もいっぱいになったので、そろそろ宿にもどることに。

2009_51
明日の夜、また3人で夕食を約束して、解散。マリアは、私を宿まで送ってくれました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>