ベルサイユ宮殿とエスカルゴ

2017b_62
今日はとってもいい天気。朝いちでサント・シャペルへ。

2017b_63
入り口付近にはすでに長蛇の列。カイロを貼りまくって、待つこと約1時間。ようやく中に入ると、セキュリティーチェック(裁判所と同じ敷地にあるため)。教会に入るとまず目に飛び込んでくるのが青い天井と金色の梁。今までにみたことのない雰囲気の教会。ここ1階はフランス王家使用人用の礼拝堂として使われていたものだとか。

2017b_64
細い階段を登ると目の前に現れたのは、圧倒的な美しさを放つステンドグラス。

2017b_68
お昼は適当なお店に。

2017b_65
前菜に思い切ってエスカルゴを注文。これむちゃくちゃうまい!

2017b_66
ブッフ ブルギニョン。

2017b_67
りんごのケーキ。

2017b_69
さて、これからどうしよう…。実はヴェルサイユ宮殿に行くか朝から迷ってました。ヴェルサイユにいくには、RERという列車に乗らなくてはいけない。行く前にネットで調べるとRERは治安が悪いと評判。ああどうしよう…。迷いに迷って、おそるおそる駅の近くまで行ってみる。えい、行ってしまえ!勢いで決行。ドキドキしながら列車へ。あれ?意外に駅もきれいで大丈夫そう。

2017b_70
ヴェルサイユ宮殿に着くと、また長蛇の列。1時間以上並んでやっとチケット購入。

2017b_72
そして、ようやく念願の鏡の間へ。息をのむばかりの、きらびやかなシャンデリアの続く鏡の間。映画のワンシーンの中にいるようなそんな気持ちに。

2017b_73
夢のような世界。

2017b_74
自画像が並ぶ。

2017b_75
午後から出かけたのであまりゆっくりみる事が出来ませんでしたが、とっても素敵な場所でした。

2017b_76
さて、パリへ戻ります。寒くて凍えそう。

2017b_77
パリに戻ると、もう辺りは真っ暗。夜ごはんは、通りがかりのレストランへ。今日は白のタートルセーターを着ていたのだが、レストランで注文を終えて何気に手元を見るとお昼に食べたシチューのシミが…。買ったばかりだったので、軽くショック。でも、今回の旅はこれでは終わらない?!料理とコーヒーを運んでいたウェイターのトレイが私の頭を激突!みるみるうちに私のセーターはあちこちがコーヒーで染まっていくのでした…。

2017b_78
大好きなムール貝。この量でもペロリといけちゃいます。

2017b_79
お昼にはじめて食べたエスカルゴ。こんなにおいしいなんて!もうすっかりトリコです。先ほどのハプニングはもう忘れよう。今回の旅は災難と発見の旅ということで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>