パリ最終日5/4

2006_96
朝食は、カフェオレとパン。パンは、私より早起きして、ローランさんが近所のパン屋さんで買ってきてくれたもの。フランスって本当にパンがおいしい。ローランさんは、ほぼ毎朝パンを買いに行くそうだ。
この町にはパン屋さんが1軒しかないとのこと。パン屋さんもお休みすることがたまにあって、そういう時はほかのお店が、隣町からフランスパンだけは仕入れて売ってくれてるそうだ。フランス人にとって、フランスパンは欠かせないもの。

2006_97
今日は、14時のTGVでパリに戻る予定。電車の時間まで、ローランさんが近くの町を案内してくれることに。城壁を散策した後、ドルの教会へ。この教会は、左側が完成していません。

2006_98
昔、悪魔が巨石を投げたのが当たって、壊れたという言い伝えがあるのだとか。でも、実際は予算不足のため、未完成というのが事実だそうだ。

2006_99
この後、モント・ドルという小高い丘へ。ここからの眺めは、とってもすばしく、天気がよければモンサンミシェルも見えるらしい。ふもとには、キリストの像が、町を見下ろしているかのよう。

2006_100
あいにく、今日は曇っていて、モンサンミシェルを見ることはできませんでした。残念。私って本当、天気にめぐまれないな…。

2006_101
ドル駅まで、ローランさんに送ってもらい、ローカル線でレンヌまで。

2006_102
ローカル線なので、古い電車を想像していたら、ブルーのかっこいい電車が到着。車内もブルーで、とっても綺麗。ドルからレンヌまでは約30分。

2006_103
視線に入る位置で、若いカップルが何度もキスをしている。離れたかと思うと、またくっついては、キス。フランスでは、よくこういう光景を見かけます。とにかく暇さえあれば、キス。日本じゃありえない光景。

2006_104
帰りのTGVで隣に座っているフランス人の男の人が、私のプリントアウトしたTGVのチケットをみて、どうやってそのチケットを買ったのかと話かけてきました。彼は、英語が堪能なフランス人。彼は、おばあちゃんの家に行った帰りで、パリに戻る途中なのだとか。わざわざカバンから地図を取り出し、ここがおばあちゃんの家があるとこだと教えてくれた。

その後、写真をみせたいと言ってパソコンを立ち上げ、自分が働いているという高層ビルの写真を何枚も見せられた。そのほか、彼の会社の近くのモニュメントみたいな写真など。最初は、すごいとこで働いてるんですねと返したもののさすがに何枚も続くともうコメントのしようがない。それでも、我慢してやっと見終わったので、眠ることに。

2006_105
途中目が覚めると、斜め前の方に子供たちの団体が座っていて、楽しそうに騒いでいた。その中の一人の女の子と目があうと、彼女が手をふってくれた。その後、メトロで偶然にもまたその女の子に出会うと、また手を振ってくれた。こんな何気ないことが、すごく楽しい。

2006_106
なぜか、パリに戻ると、牛の像があちこちに。現代アートイベント「カウ・パレード」によるものだとか。

2006_110
この後、ルーブルへ。木曜日は21時まで開いてます。18時以降に入場するとチケットが安くなるので、時間をつぶして入場。

2006_107
あっこれ本でみたことある!「サモトラケのニケ」

2006_108
そういえば子どもの頃、母に連れられて美術館に行ったとき、こういう絵をたくさんみた記憶が。もしかしたらルーブル展だったのかも。
あまりに広すぎて、何をみてよいのやら…。とりあえず、モナリザだけはみてみたくて、探してみると、すごい人だかり。ようやく近づいてみた感想は、小さい!こんなに小さい絵だなんて、すごく意外でした。

2006_111
ルーブルを出ると、空がほんわり赤色。

2006_114
シャンゼリゼ通りの空もだんだんと赤い色に。

2006_112
今日がパリ最後の夜。今日は、美味しいものを食べよう!とシャンゼリゼ通りへ。本当はカキとかエスカルゴの気分だったけど、お店が探せずに結局イタリアンのお店へ。前菜、パスタ、ワイン、デザートがついているコースをチョイス。

2006_113
前菜の量の多さにびっくりしていると、パスタはまるで2人分!結局半分も食べれなかったけど、味はおいしかったのでよしとしよう。

2006_115
外はすっかり日が暮れていた真っ暗。凱旋門はライトアップされてました。そして遠くには、キラキラ光るエッフェル塔!

2006_116
どうしても近くで見てみたい気持ちを抑えられず、夜遅くに出歩くと危険なのは承知の上、勇気をだして行ってみることに。ところが、なんだ?!まだまだ大勢の人でにぎわっていて、全然大丈夫じゃな?!

2006_117
少しほっとして、エッフェル塔へ。あこがれの、パリ、エッフェル塔、なにもかもがキラキラしていて、私には夢のよう。勇気を出して、ここまで来て本当によかった!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>